クレイドのCS:S 時々アニメとか ESPython講座 基礎 変数編
FC2ブログ
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ESPython講座 基礎 変数編
- 2012/03/20(Tue) -
はい、勉強終わりに毎日コツコツ書きました。
いつも通り下手な説明です。
今回は変数というものを勉強します。
変数って何!?って方は見てください。
1.変数って何!?
変数とは簡単に言うと文字や数値を保存する箱です。
よくわからないかもしれませんが
例えばコード内で a = 5と書き込むとaという箱に5の数値を入れる…と思っていてください。
a = "test" ならaという箱にtestという文字列を入れる事になります。
ここで注意なのですが、文字列を変数に入れる時は" "で囲んでください。そうしないとエラーが出ます。

2.とりあえず使ってみよう。
とりあえず以下のコードをpy形式のファイルを開いて書き込んでみましょう。
※_ 一回につきTABを一回押してください



import es

def round_start(event_var):
_hensuu = 369
_es.msg(event_var['userid'],'%d',%(hensuu))

はい、こうするとラウンドスタート時に369と表示されます。
え?これならes.msg(event_var['userid'],'369')にした方が早いとじゃないか?
確かにそうかもしれませんね
でも変数は色々と便利なのです!!
次の章で詳しく書きます

3.変数の使い方
Scriptを組んでてよく思いませんか?
event_var['userid']とか毎回書くのめんどくさいとか
でも変数を使えば!!
変数名 = event_var['userid']
es.msg(変数名,'test!!')
みたいな感じでいちいちevent_var~とか書かなくてもよくなります。
後例えばプレイヤーがチャットした内容をコピーするなら


import es

def player_say(event_var):
_text = event_var['text'] #チャット内容を代入
_userid = event_var['userid'] #useridを代入
_es.tell(userid,'You type: %s',%(text)) #es.tellはチャットした人にのみ表示される



とまぁその人がTypeした内容等を保存できたりします。
これは後々使うのでちゃんと覚えといてください。

質問やわかりにくい点はコメントしてくれれば直す、回答します。
それではここら辺でノシ
スポンサーサイト
この記事のURL | eventscriptsPython講座 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<普通にZEPlay part0.7 アップロードしました | メイン | 普通にZE Play part0.5 アップロードしました>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kureid.blog100.fc2.com/tb.php/158-ef4adb8c
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。