クレイドのCS:S 時々アニメとか eventscriptsPython講座
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ESPython講座 変数 型名編
- 2012/04/01(Sun) -
はい、こんにちは、こんばんは
くれーどです。
今回は変数の型名について説明します!!
型名って何?ってのをできる限りわかりやすく説明します。
国語力無いので理解出来ないかもしれません。
この記事のURL | eventscriptsPython講座 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ESPython講座 基礎 変数編
- 2012/03/20(Tue) -
はい、勉強終わりに毎日コツコツ書きました。
いつも通り下手な説明です。
今回は変数というものを勉強します。
変数って何!?って方は見てください。
この記事のURL | eventscriptsPython講座 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ESPython講座 基礎の基礎
- 2012/03/12(Mon) -
はい、完璧に忘れてましたねww
今回はPython講座やらしていただきます。
説明が下手ですがご了承ください。
この記事のURL | eventscriptsPython講座 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Entitieとかの持たせ方
- 2011/10/12(Wed) -

はい、steamfrendがわからないらしいので書きますね。
爆発とかのことですよ。

まずはes.giveというのをつかいEntitieを持たせます。
Entitie一覧 → ココ

今回はenv_explosion(爆発)を使います。
タブ一回に = _ アンダーバーひとつ

def player_death(event);
_userid = event['userid']
_es.give(userid, 'env_explosion')#ここで爆発Entitieを持たせる
_es.fire(userid, 'env_explosion', 'addoutput', 'iMagnitude 400')#威力の設定
_es.fire(userid, 'env_explosion', 'addoutput', 'iRadiusoverride 400')#範囲の設定
_es.fire(userid, 'env_explosion', 'addoutput', 'spawnflags 64')#爆発時の音が出ないです
_for identite in explosion:
__es.setindexprop(identite, 'CBaseEntity.m_hOwnerEntity', es.getplayerhandle(userid))
_gamethread.delayed(3, es.fire,(userid, 'env_explosion', 'explode'))

コレで動きます
spawnflagsはコレを見て変えてください

この記事のURL | eventscriptsPython講座 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Respawnのやり方(Sample)
- 2011/10/08(Sat) -
Respawnについて分からない人がいるんで書きます(サンプル)

ESC
こっちはes_respawn.txtで保存してください

event player_death
{
es_delayed 5 es_setplayerprop event_var(userid) CCSPlayer.m_iPlayerState 0
es_delayed 5 es_setplayerprop event_var(userid) CCSPlayer.baseclass.m_lifeState 512
es_delayed 5 es_spawnplayer event_var(userid)
}

ここはまぁ遊びの缶詰さんに乗ってますね

Pythonのほうです
こちらは_ ←アンダーバー一個につきTAB一回押してください

import es
import gamethread

def player_death(event):
_userid=event['userid']
_gamethread.delayed(5, Respawnplayer, (userid))

def Respawnplayer(userid):
_es.setplayerprop(userid, "CCSPlayer.m_iPlayerState", 0)
_es.setplayerprop(userid, "CCSPlayer.baseclass.m_lifeState", 512)
_es.spawnplayer(userid)

やっぱpythonは関数別で分けられるのでやりやすいです。


それにしても最近Pythonしかいじってなかったんで、
C++にはGlobalとかないの忘れてて久しぶりにプログラム組むときあせりましたよ
この記事のURL | eventscriptsPython講座 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。